即日融資が可能なファクタリング取引の特徴

ファクタリング取引は、第三者に売掛代金を転売して資金調達を行う仕組みです。

日本中小企業金融サポート機構 ビートレーディング

取扱会社側は、申込会社の財務内容ではなく、売掛債権の信用性を重視するため、財務内容が悪化していても即日で資金調達ができるため、中小企業の経営者の方には重宝されています。

ファクタリング取引は、売掛債権の信用性を重視するため、申込会社自体の審査には時間を要しません。


銀行にて融資を受ける際は、1週間から1ヶ月の査定にかかることはあります。
不動産担保ローンや売掛債権担保融資でも同様の時間がかかります。



株式会社の場合は株式の追加発行、その他の会社でも増資による資金調達が考えられますが、これらは募集手続きに時間を要することや応募のための時間を要するためさらに時間がかかります。


資金調達が即日受けられるファクタリング取引は資金調達の速さには最もすぐれた手段です。即日融資が可能な反面にデメリットもあります。



手数料が高いことと資金調達単位が高額となることです。


手数料は、三者間取引の場合に売掛代金の1〜5パーセントで、二者間取引の場合に売掛代金の10〜30パーセントがかかります。


これは債権回収リスクを見込んで資金を融通するための費用です。このほか、手数料が高いことにより調達金額は平均約250万円が相場であり、高額な資金調達が前提となる手法でもあります。
これらのメリット・デメリットはありますが、即日資金調達が可能なファクタリング取引を活用する事例は多く、資金調達スピードを優先される方には一つの選択肢として推奨できます。